単体女優になるまでは努力

頭にハートをつけた2人の女性

アダルトビデオという言葉はここ数十年の間に出来た言葉ですが、一般的認知度の高い言葉となっています。AVと略される事が多く、出演しているモデルの方をAVモデルと呼びます。AVモデルになりたい女性があまりに増えているため、業界全体が飽和状態となっていますが、入る数も多い分、辞める数も多いのがAVモデル業界となっています。昔に比べて偏見などが少なくなっており、需要も給与も高いので求人募集をかけているプロダクションも多いです。求人も見かけて自分から応募するパターンと、事務所側からスカウトされてAVモデルになるパターンがあります。どちらの方法もAVに出演する事ができ、高収入を得る事ができます。自分が出来るプレイの内容ややりたくない行為などは最初から否定しておくことで身を守る事が出来ます。

AVモデルにはランクのようなものがあります。企画女優・企画単体女優・単体女優の順で高くなっていき、出演する仕事内容によって変化があります。単体女優は、作品丸々一本をそのAVモデルの人が出演する作品です。有名な方が多く存在しており、世間的に名前の知られている女優の方は単体女優に含まれます。単体女優は1万人いても1%に満たないほどの人数しかいません。また、流行り廃りや引退などもあるので、常にTOPを走り続けているAVモデルの方は稀な存在となっています。単体女優になるには時間がかかります。企画単体女優などから出演して知名度を上げていくパターンが多いです。そこで、人気が出ることで企画者に目が止まり、単体女優となる事が出来ます。求人募集を見かけていきなり単体女優になれる事は難しいでしょう。プロポーション以外にも演技力や表現力、プレイ内容を充実させる事などで人気になる事が出来ます。ニッチな分野で固定客をつける事もヒットにつながる秘訣となります。小さな仕事からコツコツと実績を集める事が大切な要因となります。